Smartyを使ったテンプレートでvar_dump出力する方法

こんにちは、ヱビス(@Evisu0414)です。

サービスの保守・運用を行う中で、古いPHPフレームワークやテンプレートエンジンに遭遇することがあります。

PHPのテンプレートエンジン「Smarty」で、変数の中身を確認する「var_dump」的なことをする方法を備忘録として残しておきます。

記述方法(debug_print_var)の場合

「debug_print_var」は、Smartyのmodifier(モディファイアー)になるため、「|(パイプ)」で区切ります。

「@」をつけることで、配列の内部を表示させることができます。

記述方法(var_dump)の場合

「var_dump」は、modifierではなくPHPの関数になります。

「@」を使うことにより、Smarty内でPHPの関数を使用することができます。

ただし、Smartyのセキュリティ設定によっては、使用できない場合があるので注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です