楽天PointScreenで投資信託に役立つ通常ポイントを集めよう!

こんにちは、ヱビスです。

改悪続きの楽天スーパーポイントの中で、2018年7月から改善がされたポイント取得方法に関して、ご紹介していきます。

楽天PointScreenが改善されました!

楽天スーパーポイントを、投資の材料として見たときに、「楽天PointScreen(ポイントスクリーン)」には、魅力がありませんでした。

何故ならば、「楽天PointScreen(ポイントスクリーン)」で獲得した楽天スーパーポイントはすべて「期間限定ポイント」でした。

楽天証券のルールとして、「期間限定ポイント」では投資信託を購入することができません。

購入できるのは「通常ポイント」のみです。
*「通常ポイント」とは、明確な消滅期限がない楽天スーパーポイントのことを指します。

ですが、2018年7月より「楽天PointScreen(ポイントスクリーン)」で獲得できるポイントが「通常ポイント(一部コンテンツを除く)」に変わりました。

これにより、毎日獲得する「楽天PointScreen(ポイントスクリーン)」の楽天スーパーポイントに魅力が一気に高まりました。

楽天PointScreenでのポイント対象

楽天PointScreenでは、3種類のポイント獲得方法があります。

ページを見るだけでポイント獲得

一番手軽なのは、1日に最低5件、配信されるページを表示するだけで楽天スーパーポイントが獲得できるタイプです。

ただし、楽天スーパーポイント獲得条件としてページの読み込みが完了しないといけないというのがあるので、開いた瞬間に閉じるような操作は厳禁です。

また、時間限定でのバナーが1日最大3件追加される場合があります。
配信時間は、下記のとおりです。

(1) 午前11:00:00〜午後01:59:59まで
(2) 午後18:00:00〜午後23:59:59まで

サービスの利用でポイント獲得

これは、アプリをダウンロードして特定の条件を満たしたり、特定の商品を購入したりといったタイプです。

ポイント数は多いのですが、手間がかかったり、商品を購入するための費用がかかるなど、楽天スーパーポイントを獲得するための行動しては本末転倒感があります。

特に、アプリ系のポイント獲得は、獲得までの時間的コストが多いため個人的に費用対効果が低いと考えています。

アンケート回答でポイント獲得

これは、楽天市場の商品を見て、仕分けをしたり、興味の有無を選んだりアンケートをすすめることで獲得できるタイプです。

アンケートには下記の種類があります。
(1) 「アイテム仕分け隊」1日最大合計6ポイント
(2) 「トレンド調査隊」1日最大合計3ポイント

比較的簡単に楽天スーパーポイントが獲得できるのですが、質問数が多いため1回のアンケートで数分程度かかる場合があります。

時間があるときにやるのは、いいのですがやった後に少し面倒さを感じることがあります。

楽天PointScreenでどれくらい貯められるか

「ページを見るだけでポイント獲得」のみを、1日やったとして約6ポイント程度です。
これを1ヶ月30日と計算すると、約180ポイントの「通常ポイント」が獲得できます。

個人的には、1日確実に5ポイント以上獲得できるという状態は、少なくなと感じています。

楽天PointScreenで効率よく貯める方法

楽天PointScreenを、1人で利用しても「1ヶ月約180ポイント」ですが、2人以上で集めると倍のスピードで集めることができます。

楽天カードと連携している楽天アカウントを、複数持っているのであれば、より効果的です。

まとめ

改悪の多い楽天スーパーポイントですが、投資に役立つ「通常ポイント」を獲得するチャンスが増えることは非常に嬉しいですね。

家族の協力を得て、ぜひ多くのポイントを獲得していきましょう!